トップページ > Sugared Beans甘納豆 > 甘納豆の思い出

甘納豆の思い出

甘納豆を食べたのは子供のころでした。 その甘納豆というのは、小豆を甘く茹でて、 それから砂糖をまぶしたお菓子でした。 砂糖の結晶がざらざらする、口当たりの良くない茹で小豆。 セロハンのような破れやすい菓子袋に、沢山入っていましたので、お腹は満ちますが、高級な和菓子とはお世辞にもいえないものでした。 子供たちは、「甘納豆は駄菓子の一種」と思っていたことでしょう。 それが大学生になった頃、 ぬれ甘納豆が登場したのです。 その当時は大評判になり、 新宿の花園神社の名をつけた、花園饅頭は有名になりました。 ずいぶんと高い品物でしたから、 私などの口に入るはずもなく、 盆暮れに贈答品で届くと、皆で取り合って食べたものでした。

???????????Azuki Beans??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????